ちょっとかめおか

〜ちょっとかめおかNo.24(2006.11.25しのはら咲子となかまの会発行)〜

格差拡大をおさえるために市独自の政策を
〜こんな亀岡になるといいな〜

高齢者もハンディキャップのある人も未来を担う子どもも 住む人みんなが安心してくらせる亀岡市に!!

所得は減るのに負担は増える一 方・・・。 福祉サービスの必要な人たちが ますます弱い立場に追い込まれています。

  • 健康保険証の取り上げストップへ
  • 障害者自立支 援法廃止への働きかけを

税金の使い方をしっかりチェック!

「小さくても大切」なものを削り、「大きな無駄遣い 」をしていると思いませんか?

  • 公共工事の落札価格を下げて住民サービスに

市の中心部から遠い地域の人たちのくらしを守りたい!

生活に欠かせない交通手段や金融機関、医療機関や店のない地域への公的支援が不足しています。

  • 市役所出張所の設置を
  • 子育て支援の出張を
  • 商店や生産者と周辺部を結ぶ出前便を
  • 周辺自治体との連携で救急車消防車が隣町から来られるように

計画段階から当事者を中心にすえた話し合いを!

行政の側に立って発言する人ばかりの審議会では、市民の意見や提案が取り入れられません。

  • 内容に関心の高い当事者、第三者、専門家、NPOを審議会のメンバーに

政策の内容を議論する議会に!

充分な話 し合いがされないまま、案件が通る議会はおかしいと思います。

  • 会派の特権をなくし質問時間を平等に

平和・非暴力のまちづくり!

単に戦争のない状態だけでなく、貧困や差別、身近な暴力に悩む人がいない亀 岡にしていきませんか。

政策の内容を議論する議会に!
〜市政のチェック機能を果たすために〜

「かめおか市議会ガイド」には「市議会と市長は、互いに独立、対等の立場に ありチェック・アンド・バランスの関係で市政を担っています」と、書かれています。

しかし、実際は、市長提案追認の場にな っていることが、議会の現状です。

市民の立場に立って議論を尽くす議会に。

「ちょっとかめおか」とは

しのはら咲子となかまの会 (現:かめおか夢咲くネット)が 、その見解をまとめ発行している通信です。

政治は生活。議会を生かさなもったいない!

しのはら咲子となかまの会 (現:かめおか夢咲くネット)は、自由な一市民として、市民の思いを政治につなぐ活動をしています。

議会に届け

しのはら咲子は、なかまと共に「こんな亀岡になるといいな」と話し合いながら決定した政策を実行 していくことを約束します。(さっこの約束)

みんなで話し合って決めていく議員活動については、ちょっとかめおかNo.27 をご覧ください。

通信の郵送をご希望の方はinfo@s-sakiko.netまでご連絡下さい。

定例会

草の音塾で09年8月から毎月いずれかの 日曜日、午前10時〜正午

不在の場合もありますので携帯 090−4494−2240にご連絡ください。

草の音塾

メールでの相談・お問い合わせもどうぞ。

PCメール:info@s-sakiko.net

事務局の所在地

亀岡市北河原町2−5、4−502

TEL・FAX

0771-24-7102

会報誌の申し込み

上記の事務局
又は、しのはら咲子の携帯
090-4494−2240へご連絡ください。

かめおか夢咲くネットの年会費

1,000円/年

年会費は、つうしんの印刷費および郵 送費として使わせていただきます。

ご協力いただける方は、郵便振替で以下にお振り込みください。

口座番号
00940− 2−226171
加入者名
かめおか夢咲くネット
 

このページの先頭へ

さっこの約束

しのはら咲子は、なかまと共に「こんな亀岡になるといいな」と話し合いながら決定した上記の政策を実行していくことを約束 します。

議会に届け

みんなで話し合って決めていく議員活動については、ちょっとかめおかNo.27をご覧ください。